読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4浪したけど医学部

しょーごです。アホなほどいろいろやる医学生のブログです。ヒッチハイク、東南アジアをまわったりも。もっと挑戦していきます。

【解説】献血行ったことある?医学生が高知の献血ルームに行ってみた

スポンサーリンク

こんにちは~!今日は献血についての記事を書きました。やっと医学生らしい記事を書いたか、というツッコミは受付けません!!

f:id:shogo1462:20161210235124p:image

 

献血とは、病気や怪我などで血が足りなくなった患者さんの命を救うために、血液を提供することをいいます。

恐らくこのことについてや、献血の大切さについて皆さん知ってると思いますが、献血をする人は昔と比べるとかなり減ってきているんですね。知ってましたか?

献血者が減ってることも知ってるよ、という方も読み進めてみてくださいね。

 

献血の必要性

下記のグラフを見ると、献血者数は20年ほど前と比べかなり減っていることがわかると思います。

f:id:shogo1462:20161129233117p:plain

献血推進 2020 厚生労働省

 

平成19年と比べると献血者の数は持ち直してきてはいますが、輸血を必要とするお年寄りは年々増えており、なんと2027年には献血者数が85万人分が不足すると言われています。

 

f:id:shogo1462:20161130000000p:plain

https://spc.sendenkaigi.com/2016/pdf/14/o/orien14.pdf

 

若者の献血率が低くなってきていることも献血者の推移を見ると分かるのですが、次世代を担う健康な若者の献血率が低くなることは、大問題なわけです。

 

自分のブログは割と若い人が見てくれているので、自分のブログで献血について書くことが、この問題の改善に少しでも役立つのではと思い立ち上がったのです!

f:id:shogo1462:20161210234940p:image

白衣着ると医学生っぽいかなと勝手に思ってます。はい。

ということで献血に行ってそのレポを書きます。

 

ただその前に、ある調査(厚生労働省 若年層献血意識調査)によると、献血をしたことのない若い人は献血のことを知ってはいるが、ちゃんとは理解していない人が殆どだそうなので、簡単に献血のことを説明しようと思います。

自分もちゃんと知らないし丁度良かった!

f:id:shogo1462:20161208155023j:image

 

献血とは?

そもそも献血に種類があることは皆さんご存知でしょうか?

 

 

もっ、もちろん、ぼくは知ってました汗

 

 

 献血の種類

 献血には全血献血成分献血があります。

血液は、血漿(水分)と、血球(赤血球・白血球・血小板)といった成分からなります。

f:id:shogo1462:20161130010950p:plain

http://www.kyoto.bc.jrc.or.jp/wp-content/uploads/2016/10/vol83.pdf

 

こういった全ての血液の成分を献血するのを全血献血。そして赤血球・白血球を身体に戻し、血漿・血小板といった成分を献血するのを成分献血といいます。

また、全血献血には、200ml献血400ml献血があります。

 

 

部分的な成分のみで面倒そうな成分献血より、全ての血液成分がある全血献血の方が効率よさそうやから、絶対こっちの方がえいろ!

 

 

 

 などと思う人もいると思います。しかし、200ml献血と比べ、400ml献血と成分献血は血を必要とする患者さんのためになるんですね。

 

健康な方であれば献血は身体への影響はほとんどありません。というのも血液がなくなっても体内で作ることが可能だからです。ただ、血漿、血小板と比べ赤血球と白血球は作るのに時間がかかるんですね。

つまり、赤血球と白血球を身体に戻す成分献血はその分、身体への負担が軽く多くの量を献血することが可能になるんです。

 

また、1人ひとりの血液は、血液型が同じだとしても全く同じというわけではありません。そのため、より多くの献血者から輸血がまかなわれていればいるほど、輸血後に発熱といった副作用が出るんです。感染症のリスクも高くなります。

つまり、200ml献血と比べ、多くの血液を献血できる400ml献血と成分献血は、輸血を必要とする患者さんを副作用、感染症といったリスクから遠ざけることができるんです。

 

 

献血をしよう!と思ったけど献血ルームって予約とかいりそー

献血ってバスみたいなのもあったよなー

 

 

 はい、次はぼくたちがどういう方法で献血ができるのかをまとめてみました。

ぼくたちが献血をするには

 各都道府県にある①献血ルームと、②献血バス、バスなどが行くことのできない場所などで行う③出張献血の3種類の方法があります。

①献血ルームは各都道府県の中心部にあり交通の便がいいのではと思います。高知には「ハートピアやまもも」という献血ルームがありますが、ここは基本的に定休日がなく、9:30~17:00(成分献血)~17:30(全血献血)が献血の受付時間で、予約がなくてもいけます。

高知県赤十字血液センター

 

②献血バスはいつも同じ場所、時間で行われているというわけではありません。どこでいつ行われているかは各都道府県にある血液センターのホームページで確認することができます。

全国血液センター一覧|全国施設案内|日本赤十字社(①献血ルーム、②献血バス、③出張献血についても載ってます。)

 

高知県の赤十字血液センターのホームページで確認してみましたが、思ったより献血バスが行われていました。

f:id:shogo1462:20161130112150p:plain

地方に住んでいる人もこれで献血に行くことが可能ですね。

 

献血についてもっと知りたい方は赤十字社のホームぺージを見てみてください。

日本赤十字社 患者さんとご家族向け 輸血情報

献血する|日本赤十字社

 

 では、献血に行ってみます。

f:id:shogo1462:20161210235310p:image

 

医学生が高知の献血ルーム「ハートピアやまもも」に行って献血してみた

今回は近いこともあり献血ルーム「ハートピアやまもも」に行きます。行く前に高知県赤十字血液センターのサイトに目を通しておきました。

 

っお!

f:id:shogo1462:20161202014213p:plain

f:id:shogo1462:20161202011954j:image

f:id:shogo1462:20161202012009j:image

 血小板の成分献血の予約をしました。※プレゼントが欲しいわけではありません。

 一応、予約なしでも行けます。

 

献血ルームは中央公園から徒歩1分の高知の町の方にあります。

 

ぼくは、車で行ったんですけど駐車場代が成分献血は2時間分、全血献血は1時間分無料になるのがいいですね。忘れずに駐車券を持っていきます。(駐車場代を無料にするために献血ルームの受付で見せる必要があります。)

献血ルームのご案内 | 高知県赤十字血液センター

 

f:id:shogo1462:20161208190056j:image

 

 

 

着きました!建物キレー

 

 f:id:shogo1462:20161208215507j:image

 

では、中に入ってみます!

f:id:shogo1462:20161208190136j:image

 

中もキレイですね。

f:id:shogo1462:20161208200551j:image

 

まずは、受付に行きました。

高知の献血ルームで献血してみた①受付

f:id:shogo1462:20161208190155j:image

身分証明書等で本人確認した後に、献血の副作用や血液の利用目的などについての同意をして献血の申し込みができます。

f:id:shogo1462:20161208211910j:plain

 

生体認証を登録したんですけど、次回からはこれで本人確認ができるそう!

f:id:shogo1462:20161208190621j:image

 

予約をしていたので、これらから2つもらえます。

f:id:shogo1462:20161208211954j:plain

ぼくは海外に行ったことがあるのでそこについて結構聞かれました。

 

受付の次はいくつかの質問に関して回答を記入しました。

高知の献血ルームで献血してみた②質問の回答記入

f:id:shogo1462:20161208191011j:image

質問の回答はこちらの機械で行います。

 

 これらには献血する人と、輸血される患者さんが安全かどうかをチェックする項目が並んでいます。

f:id:shogo1462:20161208191106j:image

f:id:shogo1462:20161208191124j:image

 ↓質問事項

http://www.jrc.or.jp/donation/pdf/ketsueki_monshinhyo_2013ver.pdf

 

この質問では、結構エイズについて聞かれました。この記事を書くにあたり献血について調べていると、よく「エイズ検査目的の献血はお断り」という文句を目にしましたが、本当にエイズ検査目的の献血は危ないんですね。

 

献血において、エイズの原因となるウイルスであるHIVの検査は2種類の方法で行われますが、HIVに感染してから8週間以内だと、検査の結果が陰性になることがあるからです。

 

f:id:shogo1462:20161208155709p:plain

輸血によるHIV感染事例を受けて~日本赤十字社からのお願い|トピックス|血液事業|活動内容・実績を知る|日本赤十字社

 

 

絶対にエイズ検査目的で来てはダメです!!

 

 

 

 HIVの検査は各県にある保健所で無料で行うことができます。

HIV検査・相談マップ 〜HIV・エイズ(AIDS)・性感染症の検査・相談窓口情報サイト

 

 献血ルームはジュース飲み放題だし漫画やマッサージ機がある!

 問診の前に時間があり、飲み物を飲むように言われました。無料です。

f:id:shogo1462:20161208200152j:image

 

その他にも、お菓子、漫画、マッサージ、ロッカーなどがありました。いろいろありますね。全て無料です。

f:id:shogo1462:20161208200339j:image

f:id:shogo1462:20161208200346j:image

f:id:shogo1462:20161208200415j:image

高知の献血ルームで献血してみた③問診

先ほどの質問の回答に沿った問診が医師により行われました。ぼくは海外に行った経験があるのでそこを結構聞かれました。

勿論、問診のプライバシーは厳守されます。

 

高知の献血ルームで献血してみた④ヘモグロビン濃度測定、血液型事前測定

献血する部屋に呼ばれましたが、多くの看護師がいました。まず、ヘモグロビン濃度が(成分献血の場合は血小板数も)採血基準を満たしているかどうかと、血液型を調べてもらいました。 針を刺す機会は献血のときと、これらの測定のときの2回あります。

実を言うとぼくはかなり針を刺すのが苦手なんですね。痛そうだし、怖そうじゃないですか。

ただ、この際の針は全然問題ありませんでした。

f:id:shogo1462:20161208192917j:image

 

献血の針はもっと太いそうですけどね...

 

 

献血の針怖そー...

 

 

 

 

針を刺すところを厳重に消毒しましたが、その際、消毒液のヨードによるアレルギーを引き起こしたことのある人は液を変更することができるので、言うといいそうです。 

 

測定が終わると献血です。

高知の献血ルームで献血してみた⑤献血

看護師さんにベットに横になるように言われました。

ついにこの時が来ました。

 

 

針怖いんですよね〜

 

 

大丈夫ですよ

 

 

f:id:shogo1462:20161208194219j:image

 

(針怖い...)

(針怖い...)

(針怖い...)

(針怖い...)

f:id:shogo1462:20161208194236j:image

プス

 

f:id:shogo1462:20161208194314j:image

 

 

あれ、痛くない!

 

 

ほんの少しチクッとしたくらいでした。

f:id:shogo1462:20161208194406j:image

よかったー!

最近は、技術や針が進歩して以前と比べると痛みは改善されたんですかね。どうなんだろ。

 

針が 痛そうと思って献血を避けていた人には朗報や!

 

 

 

全血献血は10〜15分、(成分献血は40〜90分)で終わります。

献血ってかなり時間がかかるイメージでしたが、結構早いですね。

 

 

予約もいらないし短時間で終わるし気軽にできそう!

 

 

 

今回は成分献血で予約しましたが、受付ギリギリだったため400ml献血にしました。というのも採ったその日に広島に送られた後、検査、調整、保管されるんですね。成分献血はその発送時間に間に合わない可能性があるとのことでした。

 

 10分程度で献血は終わったのですが、ずっと看護師さんが横に居てくれたので安心できました。

 

 

採れたての血が暖かい

 

 
f:id:shogo1462:20161210235834p:image

 

 

高知の献血ルームで献血してみた⑥休憩

 献血が終わると10分程度は休憩をとるように言われました。

ジュースが飲み放題なのが嬉しいですね。お菓子も食べ放題です。休憩中にこれらをいただきました。

f:id:shogo1462:20161208195851j:image

 

高知の献血ルームで献血してみた⑦献血カードの受け取り

 休憩を終えると献血カードを受け付けでもらいました。

f:id:shogo1462:20161212074118p:plain

次回の献血可能日が簡単にわかります。

前は献血手帳だったそうですが、カードなら財布等に入れて持ち運びがしやすいのでいいですね。これなら無くす心配もありません。

 

(そういえば、前もらった献血カードはどこいったのかなー...)

 

 

高知の献血ルームで献血してみた⑧献血後の注意

献血後、稀に貧血状態になる人がいるそうです。段差などでは特に注意してください。

気分が悪くなったりした場合は献血ルームもしくは血液センターに知らせるといいそうです。

 

献血後のお願い|献血の手順|献血の流れについて|献血する|日本赤十字社

 

献血を終えた後、折角なので町を少し歩きまわり最後にはりまや橋で記念撮影をしました。

f:id:shogo1462:20161210235701p:image

 白衣を着て1人で自撮りをしてたので、通りすがりの人に結構笑われました。

そりゃまあ笑われるとは思いましたが、そんなに笑わないでも...思わず赤面してしまいました..

.

 

(献)血だけにね!

 

 

 おしまい

(こんなオチですいません。)

 

 

p.s.ここまで医療分野について書いた記事は初めてでした。

先日、DeNAのWELQの問題が話題になりましたが、医療分野に関する記事の知識、情報は間違いがあってはいけません。

献血に関する知識は基本的に献血する|日本赤十字社を利用し、高知赤十字血液センターの職員の方に献血についての情報を確認して頂きました。

医療に関する記事を書くにあたり間違いがないよう、細心の注意を払ったつもりですが、もし間違いがありましたら、連絡をしていただけたらと思います。

また、感想や意見などありましたら、ブログを書く励みや、よりよい記事を書くヒントになるので、頂けると嬉しいです。

 

この度の記事作成にあたり、お世話になりました、関係者の皆様にはこの場をお借りして御礼申し上げます。

ありがとうございました。