4浪したけど医学部

しょーごです。アホなほどいろいろやる医学生のブログです。ヒッチハイク、東南アジアをまわったりも。もっと挑戦していきます。

1万分の1の人材になれる努力の方向性

スポンサーリンク

f:id:shogo1462:20160106145729p:plain

 

言う必要はないと思うのですが、何事においても努力は大切です。無駄な努力はなく、ある目標に向けて頑張った過程や失敗した経験からでさえ得られるものは絶対あるとぼくは考えています。

 

1.努力は有限なので効率性が求められる

しかし、時間は有限です。努力は有限なんです。

つまり、努力には効率性が求められているんです。

例えば、ぼくがブログの方向性を決めかねていたときに、ぼく自身が興味あり、沢山の人が興味を持っている英語学習に関して書くのもありだな、と思っていたんですが、結局そうしませんでした。そうしなくて正解だったなと確信しています。

なぜなら、英語学習に関するブログというのはすでに沢山あり、飽和状態だからです。英語苦手であった状態から少しフィリピン留学したといったぐらいのバックグラウンドでは、数字は適当ですが、1万個の英語学習ブログの中で1番になることは絶対に無理なんです。

 

2.努力する前にその分野のプロを調べる

できる努力は有限であり、その方向性は間違えたくないものです。では、その方向性を間違えないために僕たちができることは何なのでしょうか?

その答えは、あることをやろうと思ったときにまずその分野のプロ、先輩について調べるというものなんです。

 

①調べれば、その分野で戦えるかどうか分かる

例えば、調べるまでもないのですが、先ほどの英語学習のブログに関しては、「英語学習、ブログ」とネット検索すれば、沢山ヒットするでしょう。母数が大きすぎて、1万分の1になれないことは明白です。

 

②先人の仕方を真似る努力をする

調べるメリットは沢山あるのですが、最も大切なことのひとつは、プロ、先人の仕方を真似ることができるということです。

真似ることの重要性について一度記事にしました。その記事に関してのコメントが秀逸だったのでお借りしようと思います。

 

人生の先達が切り開いてくれた道を真似するのは大事ですね。むしろ独りよがりでどうにかしようったって、凡人は先達がコケたことと同じ轍しか踏まないわけで。後追いだからこその有益な道を歩みたいものです

 

shogomedical.hatenablog.com

 

3.1万分の1ではなくて100分の1×100分の1の人材になるように努力する

 

100分の1になりたければ、努力する前にまず調べる

天才でなければ1万分の1の人材になることは難しいでしょう。では、凡人は頑張っても100分の1ぐらいにしかなれないのでしょうか?

ぼくは、凡人でも1万分の1の存在になることができると考えています。その方法というのは、まずは、100分の1を目指し、あるしたいと思っていることについって調べることですね。同じようなことをしていた人、している人の母数を知ることができます

そうすることで、努力すれば100分の1になれる可能性があるかどうか分かると思います。

例えば、英語の堪能さで100分の1になることは無理でしょう。しかし、ブログの世界で100分の1になることはそれより遥かに簡単なんです。

ブログをし始めてなおさら実感しているのですが、ブログ界ではかなり人材が不足しているんです。ぼくでも頑張れば100分の1になれると思います。皆さんおすすめですよw

ただ、プロブロガーと呼ばれているような飯を食べていけるブロガー、1万分の1になることは難しいでしょう。

 

100分の1×100分の1の人材とは

また、医師というだけで100分の1といえるでしょう。もし、医師とブログが結びつくことになれば1万分の1になることができるかもしれまん。

最近では、医療とITが結びついてきています。ぼくは、ブログを始めたことで、C言語、まあパソコンについて勉強した方がいいなと思い出してきたんです。

しかし、そんな片手間で勉強したとしてもそっちの方面のプロに敵うはずもないので、勉強しても意味あるのか?とも思ったんです。

ただ、聞いたところによると、医療、ITのそれぞれの分野に特化したプロでなく、両方ともにある程度精通している人は足りていないそうなんです。

そういう人は天才でないかもしれませんが、100分の1×100分の1であり、1万分の1の人材ですよね。

100分の1を目指して努力をしていると、1万分の1になるかもしれませんし、100分の1同士がかけ合わさったときに1万分の1になります。

まずは、100分の1を目指しましょう。

この考えは先日書いたこちらの記事の内容とかぶりますね。

 

shogomedical.hatenablog.com

 

 

効率的な努力の仕方のまとめ

ある分野に興味あるときは、まずはその分野のことについて調べ、100分の1になれそうなら、先人の仕方を真似してやってみる。

そうやって100分の1を作っていき、100分の1がかけ合わさったときに1万分の1になれます。