読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4浪したけど医学部

しょーごです。アホなほどいろいろやる医学生のブログです。ヒッチハイク、東南アジアをまわったりも。もっと挑戦していきます。

医学部受験のぼくなりの理論 本気ならお金なくても、めちゃ頭いいってわけでなくても国立大学医学部入れますよ 

医療 浪人

スポンサーリンク

f:id:shogo1462:20151006130830p:plain

part3です。正直このブログ内容を書くのは悩みましたが、見たい人だけ見て下さい。極論かもしれません。ただ、お金がないから、めちゃ頭がいいというわけでないからといって、医学部諦める人、マジで勿体無いですよ。

まずはpart1とpart2を読んで下さい。

shogomedical.hatenablog.com

shogomedical.hatenablog.com

 

part1は国立の医学部に合格しさえすればどうにでもなるって話でしたよね。なので、このpart3では、もしぼくが高3から受験勉強しなおすとしたら絶対こうやるという方法を書きます。(高3からにしたのは、高2、高1と遡っていくとキリがないからです)

part2ではぼくの浪人時代について書きました。これを読むことで、なぜpart3の考え方に至ったのかが分かりやすく、また理解が深まるんじゃないかなと思います。

 

 前提条件として高3の初めあたりで偏差値が50少々以上。高校卒業しても、金はないけど実家で暮らすことが可能である場合についての話になります。AO入試、推薦入試もありますが、今回は一般入試について言及します。地方の国立大学の医学部を目指す前提で書きました。(この前提条件は自分の経験を元にこれならいけるでしょと思い、決めました。)

 

 

1.国立大学医学部合格するには何必要? 数学的に考えてみた

ぼくは地頭がよく、いい環境で効率よく時間をかけて勉強すれば合格に近づくと考えています。つまり、式で表すと

(合格力)=(地頭)×(環境)×(時間)×(効率)

的な感じですかね。

 

 

まず、時間っていうのはどれだけ勉強に時間をあてれるかってことなのですが、これはやる気があれば増やすことが可能でしょう。つまり、(時間)≒(やる気)と考えています。

また、効率とは勉強した時間に対する、得られた成果の割合のことです。やる気を持った上でちゃんとした方法で勉強することで効率は上がります。ところで、ちゃんとした方法って何でしょう?

勉強法についての本は沢山出ていますよね。Amazonのレビューを見てそれらの中から数冊気に入ったものを読んだり、詳しい人に聞いたりして情報を得、自分なりの勉強法を見つければいいでしょう。(効率)≒(自分なりの勉強法)×(やる気)といえますね。ただし、勉強法の情報集めに時間を割きすぎるのはオススメしません。

 

以上より、

(合格力)=(地頭)×(環境)×(時間)×(効率)

    ≒(地頭)×(環境)×(自分なりの勉強法)×(やる気)²

 

 

といえます。

医学部受験 あなたを絶対に医学部合格させる (YELL books)

医学部受験 あなたを絶対に医学部合格させる (YELL books)

 

 

受験の叡智 受験戦略・勉強法の体系書 99%の受験生が知らない究極・秘密の受験戦略・勉強法 (YELL books)

受験の叡智 受験戦略・勉強法の体系書 99%の受験生が知らない究極・秘密の受験戦略・勉強法 (YELL books)

 

 

 

次に地頭について考えていきましょう。

地頭とは大学などの教育で与えられたわけではないその人本来の頭のよさのことです。人によって言っていることは少々違いますが、先天的なものと後天的なものがあるようです。

(地頭)=(先天的な地頭)+(後天的な地頭) 先天的な地頭は勿論伸ばすことはできませんが、後天的な地頭は、人と話したりとにかく考えたりすることで伸びると言われています。

 

(合格力)≒(地頭)×(環境)×(自分なりの勉強法)×(やる気)

   ≒{(先天的な地頭)+(後天的な地頭)}×(環境)×(自分なりの勉強法)×(やる気)²

 

個人的な感覚の話なんですけど、これらにあえて変動する値を付けるとすると

後天的な地頭1~2

環境も1~2

自分なりの勉強法も1~2

やる気は010

 になるかなと。(先天的な地頭の値は一定ですのでここでは

考えません)

 

やる気が0~10なのにほかの値が1~2になったのか説明します。

地方の国立大学の医学部の問題は、他の学部と同じ問題である場合が多いです。ただ、高い得点率が必要になりますが。つまり、基本な問題を正確に解く力が必要になってきます。東大のように思考力をめちゃくちゃ必要とする問題はないです。しかも、受験範囲は決まっています。そういうわけで、後天的な地頭を伸ばすより、とりあえず勉強しろと言いたいわけです。

勉強法についても同様で、そっちに労力割きすぎず、頭でっかちになるなよ、といいたい。

環境については、勿論予備校の人たちなどと切磋琢磨しながらできる環境というのはいいですが、少なくとも図書館などの環境があるため、やる気があればどうにかなるでしょう。

つまり、後天的な地頭、環境、勉強法を改善することに意識しつつも、本気で勉強しろと言いたいんです。

 

2.国立大学医学部合格、具体的にどうするか?

高3のときからスタートです。

やはり、同じ医学部を志望している友達と一緒に勉強しますね。理由は3つあります。

まず、同じ目標に向かっていける仲間がいるのでモチベーションの維持が容易ですね。

2つめに人に教えることが、一番の勉強になるからです。皆で勉強すると自分が教えることもあるでしょう。っていうかすすんで教えましょう。そして、浪人した場合塾講師しましょうwまた、分かりやすく教えようとすることは後天的な地頭を鍛えることにもなりますよ。

3つめですが、もし自分が落ちてしまった場合、お金がないので予備校にいけません。ただ、医学部は倍率が高く、友達の何人かも落ちるでしょうwその友達が予備校に行ったとしても、その友達から受験に関する情報を得られたり、たまに一緒に勉強したりできるかもしれません。つまり、浪人したときの環境をよりよくするための準備をしているわけです。

 

受験 → 失敗 → 浪人

 

そしたら、塾講師をしながら受験勉強しましょう。今ぼくがアルバイトとして雇ってもらっている塾に聞きましたが、浪人生でも雇ってくれるそうです。友達も浪人時代にしてたことがあるそうです。

塾講師をする理由は沢山あります。まずは、時給がよい。高知でさえ、1000~1500円程度ですよ。勿論、教えることは一番の勉強ですよね。あと、塾の学生、先生といる時間ができるため、モチベーションの維持が容易だし、受験に関する情報を得られる他の先生に分からないところを教えてもらうことも可能かもしれません。

受験 → 失敗

→塾講師しながら受験勉強

受験 → 失敗

→塾講師しながら受験勉強

→合格

 

完璧ですw

 

3.これ国立大学医学部合格のための本気のプランですよ!

 この表からも分かるとおり、倍率が4~6倍程度の医学部は沢山あります。

2014年度医学部合格倍率ランキング | 医学部受験ラボ

 

計算めんどくさいので毎年倍率5倍のとこを受けると仮定します。

また、勉強すればする程受かる可能性あがるけど、逆に浪人すればするほど可能性減るかもしれないってことで、倍率5倍だから受かる確率20%とはいえませんが、これもめんどくさいので毎年20%で合格すると仮定します。

最初の年は1発で受かる確率だから 0.2

次の年は落ちて受かる確率なわけだから 0.8×0.2

次の次の年は 0.8×0.8×0.2

つまり、等比数列の和より、n回目までに合格する確率は1-0.8のn乗になります。

 

4回目までに合格する確率はnに4を代入すると0.5904とでます。60%の確率で受かっています。

 つまり、続けていればいずれ受かるんです。勿論頑張れば、受かる確率はあがりますよ。

 あと、付け加えておくと、もし本当に無理だったら塾講師になったらいいんじゃないかなと思います。塾講師も皆に夢を与える素晴らしい仕事だと思います。何浪もしているわけで、すでにプロだと思いますし。

4.まだバカ言っていると思っているんですか?

 では、生涯賃金について考えてみましょう。一般的に生涯賃金は2億円、(3億円?)などと言われています。医師の場合は4億円前後だと言われています。つまり、医師の方が1~2億円程度多いのです。宝くじで1億円を当てる確率ってすっごい低いですよね。

この情報は下記を参照しましたので参考程度にお願いします

サラリーマンの生涯年収・生涯賃金特集-年収ラボ

医師の年収・給与・ボーナス(賞与)・生涯年収|年収ガイド

 

しかも、なりたい職業につく プライスレス

 

分母が小さいんで、宝くじあてるより、音楽などで成功するよりめちゃくちゃ可能性ありますよ。

また、これだと借金するわけでもないですし、意外にリスクが少ないとぼくは思います。

 

5.まとめ

本気なら塾講師しながら何回でも医学部受験しましょう。意外にリスク少ないですよ。

 

 

やっぱ今回のはいろいろと物議を醸し出したようで、もう一度ブログについて考え直してみました。

 

shogomedical.hatenablog.com

 

 

 

医学部受験の総合的研究[三訂版]

医学部受験の総合的研究[三訂版]

 

 

 

全国医学部最新受験情報 2016年度用

全国医学部最新受験情報 2016年度用

  • 作者: 医系専門予備校メディカルラボ
  • 出版社/メーカー: 時事通信社
  • 発売日: 2015/10/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る